2010年に石油元売り2社の合併統合で最大手JXホールディングスが誕生して以降、国内石油業界再編の焦点は、中堅勢による生き残りを懸けた合従連衡にある。外資系3社は成長と合理化がなし得る大連合を築けるのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。