支え合いの精神で、資金繰りに悩む中小企業に手を差し伸べてきた信用金庫。地域密着型金融の代表格でもある信金が今、地方の衰退によって岐路に立たされている。非営利の協同組織を貫くか、規制の壁を越え銀行に近づくのか。その狭間で揺れる、信金業界の希望の光と苦悩の影を探る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。