「今、最も消費意欲に溢れているのがバブル世代の女性」。多くの消費者と面談を重ねてきた牛窪氏は、そう語る。そんな彼女たちの消費を後押しする鍵は、輝く未来のための“自分消費”だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。