長きにわたり、「デフレ」に苦しんできた日本。今では「デフレ」という言葉を皆、当たり前のように口にするが、いち早く「デフレ」という現象に警鐘を鳴らした経済学者は誰だったろう。私の身近で思い当たるのは、齋藤精一郎氏である。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。