ベテラン小児科医は激しく憤った。民間療法にはまった家族がアトピー性皮膚炎を持つ乳幼児の全身にプルーンを塗り、プルーンだけを食べさせて治そうとしたのだ。病院に救急搬送された乳幼児はビタミンDの欠乏による重度のくる病を発症していた。「こんなひどいことが、いまだにあるなんて──」。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。