ゼロ金利という制約に直面した近年の世界の中央銀行は、政策ツールの手詰まり感から「言葉」による金融政策に膨大なエネルギーを注いできた。バーナンキ前FRB議長は、あたかもシャーマン(呪術師)が「お告げ」を発するかのように、いわゆる時間軸政策(最近の通称は金利のフォワードガイダンス)を駆使して市場に情報発信してきた。イエレン議長もこの政策の強化に関心を示している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。