ウォール街が再び「テーパーかんしゃく」を起こした(Wall Street experienced another "taper tantrum")――。1月29日午後のニューヨーク株式市場。米連邦公開市場委員会(FOMC)の決定がニュースで伝わると、にわかに売りが膨らみ、「taper tantrum」という言葉が世界を駆け巡った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。