電動化技術を含めた、環境規制への対応が、足元の課題であることは間違いない。かねて、ハイブリッド車を製品化できなかったら、世界の市場に乗り遅れるという認識があった。また、提携先のトヨタ自動車と同じハイブリッド車を出しても、市場には受け入れられないこともわかっていた。昨年、電動化対応車の第1号となる「XVハイブリッド」を世に送り出せたことで、状況は一歩前進した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。