「がんはどのように対応するのがよいのだろうか?」。人は死に向かって歩んでいる。生きるとは死ぬことなり、などと言うつもりはないが、いざ、がん宣告をされ、それが末期がんであると人はどんな対応をするのか──。それを42歳のときに体験したのが心療内科医の星野仁彦氏。がん患者の心のサポートをするケースも増えている心療内科医だが、自身のときはS状結腸がんの末期で、「5年生存率0%」と知ったとき、冷静ではいられなかったし、うつ病にもなったという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。