「2014年は、流動性相場から業績相場へ移行する転換点になる」(若生寿一・野村證券エクイティ・マーケット・ストラテジスト)異次元緩和によるカネ余りが引き起こした流動性相場では、業績に関係なく値を上げる銘柄もあった。その結果、13年12月のTOPIX(東証株価指数)ベースのPER(株価収益率)は14.8倍まで上昇してきている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。