今、買ったほうがいい株もあれば当然、手を出さないほうがいい株もある。株式投資に当たっては、この見極めも重要だ。赤字が続いている会社、収益力が低い会社など業績不振の会社は避けたほうがよい。赤字ではなくても、PER(株価収益率)など株価関連の指標で見て割高な銘柄も敬遠すべきだろう。現在のように株価が乱高下するときに、市場平均以上に値動きが大きくなる企業も買い安心感に乏しい。ここでは、株価や業績の指標を組み合わせることで対象となる株をあぶり出してみる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。