女性初のFRB議長に就任したイエレン氏。米大統領よりも大きな権力を持つとされるこのポストを待ち受けるのは、市場の洗礼か、それとも信認か。バーナンキ氏の8年前の議長就任時を振り返ることで、アナロジーを展開するヒントにもなるはず。日本のFEDウオッチャーの第一人者である加藤出・東短リサーチ社長が本誌で連載中の「金融市場 異論百出」から、当時の関連記事をお届けする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。