「今年3~10月に向けての引き合いは増えているが、従来と違って先の見通しがつかない。ウチは生産設備を作っているが、お客は皆、大きな設備投資には慎重。警戒感は強い」(東京都大田区の中堅製造業社長)4月以降、消費増税による内需落ち込みが予想される中、その埋め合わせとして輸出に期待がかかる。しかし、かつては非常に大きかった、円安・海外景気から国内景気への波及経路が、今は弱まっている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。