汚職・腐敗の防止を促す社会システムを構築し、腐敗との闘いをリードする国際的な非政府組織、トランスペアレンシーインターナショナルが発表した2013年の腐敗認識指数(国の腐敗度を示す指数)によると、調査対象174カ国のうち、日本は17位、中国は80位という結果だった(上位の国ほど汚職が少ないことを示す)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。