円安でいずれ輸出が伸び始め、その恩恵は国内全体に波及する──。そう言われながら1年以上が経過したが、いまだに輸出拡大の足取りはおぼつかない。このままでは、景気回復のシナリオが崩れかねない。本当に単なる“タイムラグ”の問題なのか。輸出低迷の根底にある、構造変化を探る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。