異変が起こっている。王者NTTドコモが月間の契約純増数で3位に転落したのだ。背景にはドコモの第3世代 携帯電話(3G)「FOMA」の不振と、auの3G「1x」の躍進がある。3Gの開始を再三延期させていた3番手Jーフォンも、6月から試験サービスを始める。市場の伸び率が鈍化するなかで各社の3Gサービスが出揃う。3社の戦略と、開発に莫大な投資をしたメーカー、流通の思惑を追う。(2002年7月6日号特集)

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。