再びスイスのアルペンリゾート地・ダボス(Davos)が世界の注目を集めている。1月22日、世界経済フォーラム(the World Economic Forum)年次総会、通称「ダボス会議」が始まったのだ。日本からは安倍晋三首相が参加し、日本の首相として初めて基調演説(delivering a keynote address)。自らの成長戦略を世界に向けてアピールするうえで、ダボス会議は絶好の場と考えたのだろう。これまでダボス会議で存在感が乏しかった日本も同会議にようやく大きな価値を見いだすようになったわけだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。