2013年12月31日、東京・渋谷。イルミネーションが輝き、年越しムードでにぎわう渋谷ヒカリエのビルの一室に、3本のホットラインが引かれていた。ホットラインのつながる先はドコモ、KDDI、ソフトバンクである。年越しの瞬間を緊迫しながら待っていたのは、人気無料メッセージアプリ「LINE」の技術者たちだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。