おおかたの予想通り、新日鉄住金の新社長には、進藤孝生副社長(64歳。写真)が昇格することが決まった。就任する4月1日以降は、2012年10月に新日本製鐵と住友金属工業が合併した際に始めた会長兼CEO(最高経営責任者)と社長兼COO(最高執行責任者)という役割分担を止め、経営と執行は新社長が担う。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。