カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが、“弱点克服”に向け大きく踏み出した。手薄だった海外事業のてこ入れが効き始め、2013年9~11月期の連結決算で、海外ユニクロ事業の売上高は1140億円(前年同期比76.8%増)、営業利益は165億円(同97%増)と急成長しているのだ。今や売上高と営業利益の約3割を占める屋台骨となっているほどだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。