昨年末、マルハニチログループの子会社、アクリフーズ群馬工場で製造された冷凍食品から、工場内では使用されていない農薬・マラチオンが相次ぎ検出されたことが明らかになった。事件の解決の手がかりがないまま、発覚後1カ月が過ぎようとしている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。