1993年6月、宮澤喜一首相が第126回通常国会での政治改革関連法案成立を断念すると、社会党、公明党、民社党は内閣不信任決議案を提出。これを自民党羽田派が支持したため、同案が可決され、宮澤首相は衆議院を解散した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。