プロ野球選手と同じように政権にも「2年目のジンクス」がある。5年の長期政権を担った元首相、中曽根康弘は4日放送のテレビ番組の中で首相の安倍晋三にこう助言した。「この2年か3年目というのは一番政権として注意を要する年なんです」中曽根自身が就任2年目だった1983年にいくつもの試練に直面したからだ。中でも衆院選では大敗し退陣寸前まで追い込まれた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。