正月気分も冷めやらぬ7日午後、強盗などの容疑で逮捕・送検されていた20歳の男性被疑者が横浜地検川崎支部から逃走し、全国に激震が走った。もちろん、逃走した被疑者が一番悪いのは当然だが、つい油断し、被疑者にその隙を与えてしまった警備態勢の甘さも見過ごせない。被疑者は9日午後に身柄を確保されたが、今回は、本来取るべきだった方策を踏まえ、油断や隙が生じた状況や今後の改善策などについて言及したい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。