再建計画が見直された東京電力で、会長人事が正式決定した。4月1日付で就任する数土文夫・JFEスチール相談役(72歳、写真)は、2012年の実質国有化後から社外取締役として東電改革を下支えしていたが、今後は名実ともに経営トップの1人となる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。