東海旅客鉄道(JR東海)が4月1日付で行う新トップ人事が波紋を広げている。新体制は、葛西敬之会長(73歳)が新設の名誉会長に、山田佳臣社長が会長に、柘植康英副社長が社長になるが、葛西氏が代表権を持ったままだからだ。名誉会長が代表権を持つのは極めて珍しい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。