「今年も頑張らねば」といつになく思うのは、出版や書店業界が構造的な市場変化に直面しているからです。そんな気持ちに勇気をくれたのが『魂の経営』。デジタルカメラの普及で銀塩フィルム市場が消失する危機に、富士フイルムの新社長として悪戦苦闘した十数年。新業態への転換に成功しましたが、闘いに終わりはありません。「マッスル・インテリジェンス」という野性的な賢さや力を強調する一方で、アクロバティックな変革ではなく「従業員が理解できる取り組みを示せ」と説いているのが印象的です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。