ゴルフというスポーツは、「アドレスに始まりアドレスに終わる」といわれるほど、スタートポジションであるアドレス(構え方)が重要です。ドライバーの場合、正しく構えるにはまず、スタンスを肩幅より少し広めにして、股関節から上体を前に倒します。クラブ(シャフト)が長くなるほど大きく構えたいので、軽くお辞儀をする感じで前傾姿勢をつくりましょう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。