私自身はあるメーカーの研究開発部門の出身です。学位を取った後に、海外技術部に異動しました。ある製品の輸出を任され、月に1度以上、海外出張し、海外の取引先に技術説明をしたり、交渉したりするようになりました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。