「自分の人生が、私の人生でよかった」──。大学の授業内容に感銘を受け、何かをつかんだ若者が綴った文面である。悩み迷いながら生きているはずの不安定な年代が発したとは思えない言葉だ。秋田県の緑に囲まれた国際教養大学で学ぶこの学生は、いったいどのような教育を受けたのだろうか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。