放送通信事業者でありながら、住友商事グループの電力事業会社(サミットエナジー)と組んで東京電力管内の一部地域でマンション向けに電力の小売事業を開始するなど、電力事業への新規参入の動きが注目されるJCOM。住商時代のノウハウを生かして事業を推し進めてきた森修一社長に迫る。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。