私は修士までは経済学を専攻していた。その後、シンクタンクに就職し自動車会社の方と付き合い始め、経営学が面白いと思うようになり、経営学を学ぶために米国へ留学をした。その後、日本に一時帰国した際、経営書のコーナーに足を踏み入れたときに、ドラッカーの本がたくさんあることに驚いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。