2013年に発行された経済書、経営書、ビジネス書から、経済学者、経営学者、エコノミストの投票で優れた書物を選ぶ年末の恒例企画である。1位は日本のデフレの主因は名目賃金低下にあり、マネーを増やしてもデフレは解決できないと論じた吉川洋・東京大学教授の『デフレーション』。このほかにもアベノミクスに関連した書物が多くランク入りした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。