2013年暮れ、日本の食事「和食」がユネスコの「世界無形文化遺産」に登録された。この絶好のタイミングにすてきな本が続けて出た。一冊は辻芳樹『和食の知られざる世界』。著者はプロフェッショナルの料理人を養成する辻調理師専門学校の校長だ。10代から、先代の辻静雄に連れられ、何度も大阪の吉兆本店で食事をした経験を持ち、英国に留学して、外国からも、日本の料理を見詰めてきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。