政治家の「賞味期限」がますます早まっている。東京都の猪瀬直樹知事は医療グループ「徳洲会」から5000万円を受け取った問題をめぐって、説明がクルクル変わり、世論からは批判の集中砲火。大汗をかきながら都議会でしどろもどろに答弁する姿は、たった1年前の都知事選で史上最多433万票を獲得した人には見えない。結局、「政治家としてアマチュアだった」という捨てゼリフを吐いて、辞職することになった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。