ドル高・円安是正を目指すG5(先進5カ国蔵相・中央銀行総裁会議)による「プラザ合意」は、日本経済に急激な円高をもたらした。同時に米国は対日貿易赤字の解消を日本側に強く要求し、中曽根康弘首相は、それに応える形で首相の私的諮問機関として前日本銀行総裁の前川春雄を座長とする「国際協調のための経済構造調整研究会」を設立した。そして、日本の内需拡大、市場開放、金融自由化等を内容とする、いわゆる「前川レポート」が1986年4月にまとめられた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。