FOMC(米連邦公開市場委員会)は資産買入残高をどこまで積み上げるのか。FOMCが買入減額の開始時期を想定よりも早く議論し始めた一因に、FRB(米連邦準備制度理事会)が被る巨額の損失可能性(試算)があった。数年間政府への納付金がゼロとなる見通しが示されたが、その可能性は買入残高が大きくなるほど高まるからだ。日本銀行も状況は同じである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。