メディアの世界で議論されてきた「紙かデジタルか」の神学論争が終焉したのも、つかの間で、「テキストか映像か」の論議が本格的になされるようになった。新聞や雑誌など伝統的な紙のメディアが、「紙もデジタルも」の戦略にようやくたどりついたように、「映像もテキストも」の時代はすぐそこに迫っている。民主主義の基盤となるジャーナリズムを担うメディア企業が、経営を継続するためにいかなる戦略を練るべきかという根本的な課題にかかわる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。