日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)は、2013年に羽田空港に新たに配分される国際線の発着枠をめぐって激しい獲得競争を繰り広げた。14年は、都心に近く便利な羽田国際線が増える。現在、羽田の国際線は、昼間帯に32便、深夜早朝帯に23便が飛んでいるが、来春から新たに昼間に31便増える。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。