アベノミクスによる高額消費の増加で、百貨店などの一部では恩恵を受けた流通業界だが、2014年から20年までは、激しい競争の時代を迎えることになりそうだ。流通業界にとっての大波は三つある。一つ目の波は14年4月からの消費増税だ。消費増税による買い控えや価格志向の高まりにより、特にスーパーなどの日常生活品を扱う企業は、厳しい価格競争を強いられることになるだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。