米国の個人消費が力強さを見せつつあることは、筆者も先の「ブラックフライデー」(11月の感謝祭明け金曜日のバーゲン。小売業界最大の年中行事)で実感した。地元の有名なショッピングモールに出かけたところ、現地周辺の道路で渋滞に巻き込まれ、駐車場からモールに入るまでにも30分以上を要した。そしてモールの中は、大きなショッピングバッグをいくつも抱えた人々で混み合っていた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。