先ごろ中国では、スターバックスが「暴利を貪っている」と批判された。一部商品の販売価格が米国や英国より高いほか、コーヒーの原価に比べて販売価格が高過ぎるというのがその理由である。コーヒーという「モノ」にはお金を払うが、喫茶店でくつろぐ「サービス」にお金を払う発想はまだ定着していないという好例だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。