東京オリンピックが開催される2020年までに、中国には達成しなければならない二つのゴールが待ち構えている。一つ目は、10年に比べて国内総生産と1人当たり国民所得を倍増させること、二つ目は、重要な改革分野においては「決定的な成果」を挙げることである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。