中国経済は2010年まで4年連続で2桁成長した後、11年の9.3%を経て、12年以降は7%台の成長が続いている。李克強首相が主導する経済構造改革「李コノミクス」の下で、景気浮揚策の発動などを控えているという事情もあるが、同国の中期的成長率の鈍化は人口構成上の必然でもあると考えられる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。