「裸の王様だ。所詮、『東京の顔』としての器ではなかった」――。人口1300万人、総予算は中規模の国家予算に匹敵する12兆円という日本の首都、東京都。その"顔"のすげ替えに向けた蠢動が、日に日に激しさをましている。言わずと知れた医療法人「徳洲会」グループからの5000万円受領問題で、レームダックになっている猪瀬直樹都知事(67歳)の後釜選びだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。