米国で起きた「シェールガス革命」が、世界のエネルギー市場を一変させている。図を見ればその影響の大きさがわかる。米国ではシェールガス開発の恩恵で天然ガス価格が低下し、最も安い化石燃料だった石炭価格をも下回る。このため天然ガス火力発電が増える一方、石炭火力発電が急減。米国産の余剰石炭が欧州へ向けて輸出されるようになった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。