今後の年金、医療など社会保障制度改革の方向性や工程表を定めるプログラム法案が、2013年12月に成立した。この法案に掲げる改革の方向性に沿って、現在、政府・与党は厚生労働省などの関係審議会で議論を行い、最短で14年の通常国会に改革実施のための関連法案の提出を目指している。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。