東レ経営研究所の渥美由喜・ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長は、長年、女性の社会進出の必要性を説いてきたが、最近、メガバンクの人事担当の役員に会った際、耳を疑った。その役員は「当行には女性の役員は一人もいない。しかし、40代の女性幹部5人を必ず役員まで引き上げると決めた」と語った。5人の今後10年間のキャリアまで具体的に考えていたという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。