世界経済は失速リスクを抱え、日本経済にも先行き不透明感が漂うなか、大学3年生(2013年新卒)の就職戦線の火ぶたが切られた。倫理憲章改定による就職活動の「短期集中化」で学生の意識はどう変化したか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。