「花王はカネボウをおとしめたいのではないか」。白斑問題が発生した直後、カネボウ化粧品社内にはこんなうわさが立った。花王が「ソフィーナ」のホームページで「花王の美白化粧品には、医薬部外品有効成分『ロドデノール』は配合されておりません」という注意書きを掲載したからだ。花王は「コールセンターに、子会社のカネボウが回収したのと同じ成分は入っているのかという問い合わせが殺到し、パンク状態になったので、注意書きを掲載した」と説明し、悪意はないという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。